小さなお店 繁盛店の法則 目次

小さなお店 繁盛店の法則
-目次-

小さなお店 繁盛店の法則を書き始めたキッカケ
あるケーキ屋さんでの出来事
お客様視点ってどういうこと?
お客様中心の心構え
お客様に不便をかけない
直接接触するところを総点検
※事例=葬儀屋「むさしの」
業務改善会議「お客様に不便をかけているところは?」
お客様の信頼を得る
安易な値引きはしない
※事例1=スーツショップ
バーゲン安売り 信頼関係
※事例2=紅茶葉ネットショップ
仕入れ先海外からハガキ 信頼の獲得
お客様に喜んでもらう仕組みづくり
経営で一番難しい仕事はなにか
※事例=おかき販売店
お客様情報メモでハガキにコメント添える
お客様対応で1番を目指す!
お客様対応レベルを高める
※事例1=ベーカリーショップ
本当に商品の質を上げれば良いのか
※事例2=日用品店
スタッフ全員即質問にお答えできる
クレームがあった時の基準をつくろう!
クレーム対応
※事例1=リフォーム会社
困りごとはないですか?
買っていただいてからが勝負
※事例2=焼き鳥屋
注文確認の態度で店の評判になる
※事例3=住設メーカー
「ほかに困りごとはないでしょうか」のひとこと
利益発生源のお客様を増やす
一番費用のかかる仕事は?
※事例=小さなレストラン
スタンプカードでデザートサービス
お客様と徹底して仲良くなることが差別化につながる
ライバルがやらないことをやる
※事例=お弁当屋「岩田さん」
ファミリー層にしぼり圧倒的信頼獲得
お客様から喜ばれるお礼ハガキの仕組み
本当にやるべきことをやっていますか?
※事例=パン屋
予約表で情報集めお礼ハガキ
お客様対応で地域1番になる仕組み
お客様対応で地域1番を目指す!
※事例=居酒屋
寒い日はカイロでお見送り
お客様に喜んでもらう会議
スキ間を見つけてやり方不況から脱却する!
お客様のお問い合わせにアンテナを立てる
※事例=焼き鳥屋「彩鳥屋てっちゃん」
ゴルフが帰り等の半端な時間にも対応
繁盛店へのステップ
※事例=洋菓子店「パティスリー・ガレット」
繁盛店の法則をスタッフと実践
お客様を観察し、知る努力をする
※事例1=中華料理屋
割引ではなく、お客様を知り、どうお役に立てるか考え対応
※事例2=花屋「フラワーサロンオサム」
男性店員こその強み お客を観察し、お客様を知る努力
お客様に報・連・相を実行する
※事例=フラワーショップ「シナモン」
お客様へLINEにて商品の制作風景等を共有
※事例=家具屋
定期的にお客様へ定期ハガキで困りごと確認
後続購入のお客様を分析する
継続的に購入頂いているお客様はどんな人?
※事例=花屋「フラワー・ルーシュ」
ネコ草限定ポイントカード 紹介客獲得
理想のお客様を決めてアンケート取材をしよう
※事例=焼き鳥屋「彩鳥屋てっちゃん」
お客様にアンケート取材
新規顧客が増える仕組みをつくる
現場の声を集めて活かす方法
チームの生産性を高める
※事例=パン屋「プロムナード」
全社員が営業マン 日報の「振り返りま表」で情報の共有が生産性を高める
「あなたのところから買いたい」とお客様に言われる小さなお店
小さなお店の差別化のやり方
※事例=焼肉屋「若富」
アンケートから他店との違いや自店の立ち位置の確認
FUVS法則ストーリーチラシによるお客様との共感
購入動機を高めるGDPの法則
モノからコト、コトからヒトへ
※事例=ワイン食品店「ハウディ」
巨大プロフィール看板や自信のニュースレターを貼り出し、イベントを交えて親しみやすさを得た
気軽に相談できるワインのお店
夢を思い描く1 五感+空間を味わえるパン屋さん
小さなお店が町をげんきにする!
※事例=パン屋「ナギ」
ミッション、ビジョン、パッションから願望を明確に持つ
お店の未来を描く
夢を思い描く2 大手にはできない地元のブランドづくり
より地元に密着した店づくりをしたい
※事例=洋菓子店「メルキュール」
ポイントカードでお客情報収集
イベント前にハガキ
SNS意識商品
地元製品を強みに

 

ページトップ