お客様視点で考える!リピート客を増やす仕組みづくり講座

お客様視点で考える!

リピート客を増やす仕組みづくり講座

【募集中】第3期 2020年6月3日(水)→変更→7月1日(水)開講!

事務や販売の担当者が、お客様活動の仕組みをつくり実践!

販売係の方や内勤、事務担当の方が、
お客様にファンになっていただく方法をお客様視点で考え、仕組みを作って実行する講座です。

今よりもほんの少しお客様に向かい、
喜んで頂く活動を継続的に行うことで、
コストをかけず業績向上に役立てることができます。

経営の中で1番難しい仕事は、
お客様を見つけ出し、
実際に買っていただく仕事です。

経営の中で一番費用が掛かるのも
お客様を見つけだす費用です。

 

 

問い合わせをした時、
応対がとても良かったから
注文することに決めた。

注文した後の応対が良かったから
リピートすることにした。

とても親切丁寧に応対してくれたから、
お客様から紹介がでるようになった。

 

こういったことが起こるようになれば、
お客様を見つけ出すための費用が
少なくなり利益性が良くなります。

 

その為には、お客様活動を
熱心に取り組まなければなりません。

 

前期の方の気づきや感想はこちらです。

リピート客を増やす仕組みづくり講座では、
小さな会社・お店の事例や
ランチェスター顧客維持戦略を学びます。

また、参加者同士で気づきや感想、
取り組みなどを共有しながら、
発想を広げていきます。

こういたものを作成します。

  • お客様と接する部分の改善の仕組み
  • お客様とコミュニケーションを取るツール
  • お客様からのお問い合わせ対応マニュアル
  • クレームの基準と対応ルール
  • お客様活動の仕組みやサンプル

そして、最終的には、
お客様活動が社内で実践できるように
「お客様づくりマニュアル」と
「実行計画書」を作成します。

お客さまに不便や二度手間をかけて
嫌われる可能性ははないか?

クレームになりそうなところはないか?

 

課題を自ら見つけだし改善していきます。

お客様に喜んでいただくために
どうしたらいいのか?

自分たちにできることを考え
お客様づくりに取り組んでいきます。

 

お客さまから好かれて、 お客さまから気に入られて、 お客さまから喜ばれて、 お客さまから忘れられないような 会社を目指します。

 

  • 一度買ってくれたお客さまからのリピートや紹介が少ない。
  • お客さまのフォローができていない。
  • お客さま活動と言っても具体的に何をしたらいいのか分からない。

そんな方にオススメです。

即、実行できる事を見つけたり
自社を見直すきっかけにもなります。

また、異業種や同業他社の方々と共に学ぶことで、
刺激やヒントを頂くことができます。

同じような立場の人が、どのようなことを考え
取り組んでいるのかを知るだけでも
気づくことはたくさんあるはずです。

弊社の顧客管理の方法やお客様活動の仕組みも公開いたします!
販売係の方や内勤者の方にも取り組んでいただける分かりやすい内容です。

参加者様の気付き・感想

※一部をご紹介いたします。

 ■ ■ ■

新しい学び、気づきが多く
有意義な一年でした。
頂く資料がすごく読みやすく作って頂いて
会社の机の上でも、
何回も広げて読んだりしました。
資料の中で、これはと思う物は、
事務所のホワイトボードや
自分の机に前に貼り出しています。
宿題も取り組みやすかったです。

 ■ ■ ■

お客様づくりマニュアルは、新入社員用の
マニュアルとして使えるようにしていくと
よいかなと思いました。
また、ハガキのサンプルは作って
きちんと場面別で整理しておきたいです。

 ■ ■ ■

お客様に喜んでいただくために出来る事は、
ずっと課題で残っているものを、きちんと
計画を立てて実行に移していくこと。
そして、周りもまきこみ、期限を決めて
やっていかないといけないと実感しました。
今回あきない塾で学んだ、
お客様対応でNo.1になるために、
不便をかけているところの改善や、
クレーム対応の手順を確認、
お客様活動でさらに何ができるか
継続して見直し実行していきます。

 ■ ■ ■

お客様活動の仕組みについて
どこまで細やかにできるか、
どのようなタイミング・手段が効果的か
実践しながら模索していきたいと思います。
その他にできることを、社内で話し合って
進めていきたいです。
手書きの効果を再認識できたので
全員でお客様づくりに取り組みます。

 ■ ■ ■

既に取り組んでいることもありますが、
まだまだ、お客様に喜んでいただくために
できることがあると改めて感じています。
現在行なっていることを改善しながら
より良い仕組みづくりをしていきたいです。
一緒に学んでいる方々の取り組みが
とても参考・ヒントになることを
講座で学びながら実感しました。
何事も実践してみないと分からないことが
多いので「まずやってみる」
そのためには計画を立てる事の大切さを
感じました。

 ■ ■ ■

ずっと出来ていないお客様へのお礼ハガキ、
ストーリーチラシも進めていきます。
まだまだ取り組んでいないこと、
できる事が沢山あるだろうと思いました。
また、今、取り組んでいることの中にも、
まだ工夫すれば、より、お客様に喜んで
いただけることがあると気づきました。

 ■ ■ ■

現在、カタログ依頼や訪問に対して、
ハガキを送る仕組みは有る。
ここで気になるのは、
効率化にとらわれ過ぎていないか?です。
コメントのリストアップをしておき、
手書きの良いところも
利用していけたらと思います。
お客様活動においては、
極端な効率化はしないような
社風が欲しいと思いました。

 ■ ■ ■

前回のあきない塾から作り始めた
事務作業マニュアル
まだまだ、たたき台の段階ですが、
とにかくファイルに入れてみたことで
この先も改訂改訂し続けることが、
できるように感じました。
2冊のファイルを大切に、心の力を失わずに
お客様活動を続けていきたいと思います。

開催概要

スケジュール

第3クラス 募集中
第1講 2020年7月1日(水) 14:00-17:30
第2講 8月5日(水) 14:00-17:30
第3講 9月2日(水) 14:00-17:30
第4講 10月7日(水) 14:00-17:30
第5講 11月4日(水) 14:00-17:30
第6講 12月2日(水) 14:00-17:30
第7講 2021年1月13日(水) 14:00-17:30
第8講 2月3日(水) 14:00-17:30
第9講 3月3日(水) 14:00-17:30
第10講 4月7日(水) 14:00-17:30

 

講師


出身:島根県安来市
趣味:バレーボール・モーグルスキー・重要伝統的建造物群保存地区巡り

-経歴-

  • 大阪商工会議所各支部、組合・団体、企業で、Windowsの基本、ExcelWordPowerPointの使い方、POPの作り方、HP制作などパソコンのインストラクターを5年経験
  • 企画・コンテンツ制作を担当したホームページが、製造業のポータルサイト「NCネットワーク」のホームページコンテストで最優秀賞を受賞
  • 利益性を高める仕組みを作る経営塾「あきない実践道場」第1(2007年開講)より運営全般をサポート
  • 自主開催研修テキスト、講演の配布資料、その他パンフレットなどの作成担当
  • 社内のSKYW(お客さま活動)の仕組みを作り実践
  • 2017年1
    名古屋で開催したあきない新春合同勉強会でお客様活動の取り組み事例を発表
  • 2017年5月・8
    沖縄の日本人事様主催の勉強会でお客様活動の講義を担当
  • 2018年より、あきない塾 リピート客を増やす仕組みづくり講座を担当
  • 2019年3月
    高槻商工会議所にて「リピート客を増やす仕組みづくり」をテーマに研修を担当

費用

参加費:第3クラス(2020年6月3日開講)全10回の費用について

  • 受講料:200,000円(税別)
  • 再受講:100,000円(税別)
  • テキスト代:5,000円(税別)

お支払い方法

  • お申し込み頂きましたら、請求書をお送りいたします。
  • 請求書に記載しております期日までにお振込みをお願いします。
  • 分割払いをご希望の方は、ご相談下さい。

お申し込みにあたっての注意事項

  • 全10回の契約といたします。
  • ご本人様の都合により受講を中断された場合、返金はいたしかねます。
  • お申込み者の方が参加できない場合、代理の方のご参加が可能です。
  • 講座中の撮影・録音は、お断りさせていただきます。

お申し込み方法

参加のご決断をされましたら、お早めにお申し込みください。

お申込みはこちら

(SSL暗号化の申込みフォームページが開きます)

あきない塾のお申し込みに関するお問い合わせは、下記までご連絡ください。

NNA株式会社
TEL:06-6355-5546
担当:藤原 紀子、松島則子

No.1サクセスライブラリー!!
NNA YouTube チャンネル
佐藤元相のオフィシャルブログ

ピックアップ

  1. 新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を鑑み、参加者 »[続きの記事はこちら]
  2. 勉強会開催案内 >>スポットの勉強会案内はこち »[続きの記事はこちら]
  3. 究極のモチベーションと 究極のコミュニケーションで »[続きの記事はこちら]
ページトップ